パイル織り2(ノット織り)の動画解説



おはようございます、”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布クリエーターゆさあきこです。


本日7月13日、「ゆさあきこの手織り教室:パイル織り2(ノット織りを織る)」を配信しました。



その解説です。






ノット織りは、結び目を作りながら、毛足を出していきます。



方法はふたつ。



短く切った糸で作るか、長くして作るか、です。






短い場合は、作りたいフサの長さの3~4倍の長さが、1本につき必要です。



長くする場合は、短い場合の長さ×織る幅に何本ノットが入るか、で計算します。





これはだいたいの目安です。





毛足の長さも、お好みです。



でも、あんまり短いと、結び目の方が目立ってしまいます。





タテ糸2本、または4本を一組として、1ノットを作っていきます。





定規やシャトルを使って、巻いていくと、いいです。(長くして作る場合)







できあがったら、定規などを抜いて

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布クリエーターゆさあきこ;ゆさあきこの手織り教室ノット織り動画解説


”ワ”を切ります。








短い糸で作ったものも、切りそろえます。

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布クリエーターゆさあきこ;ゆさあきこの手織り教室ノット織り動画解説


必ず、必ず、平織りで押さえます。→ ゆさ’S POINT!!







すぐノット織りをしたいときは、1段または2段の平織りで押さえます。



もっと平織りをしてから、ノット織りをいれてもかまいません。(ノットの入れ方も、デザイン、ということになります)







ノット織りは、ウール系の糸で、作ったほうがいいです。


綿タイプだと、うまく、ギュっとしぼれません。(絞れないので、抜けやすい、ほどきやすい)






今日は、これで終わり。



次回の織り方は、、、、未定 ーーーです。












このブログの裏話・エピソードを、"Design Studio GOODMOON・生活にゆとりとアートを"公式フェイスブックページにて紹介しています。(フェイスブックにアカウントがない方も、ご覧いただけます。)

ホームページ”Design Studio GOODMOON”
ご連絡などはこちら




#ゆさあきこ #手織り #手織り教室 #東京神奈川 #アルメニアンレース #ノット織り

"パイル織り2(ノット織り)の動画解説" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント