「浮き織り(織り方」動画の解説ブログ



おはようございます、”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布クリエーターゆさあきこです。



本日6月16日、ゆさあきこの手織り教室:浮き織り(織り方)」動画を、配信しました。



この動画の、解説をします。






”浮き織り”という織り方のなかの、”縫い取り”と言われることもある織り方を、動画ではお伝えしています。





織る時に、ヨコ糸が入って(水色)、模様の糸(青)が、そのヨコ糸と同じ段に入ります。

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布クリエーターゆさあきこ:浮き織り動画解説


ね、同じ段に入っているでしょ。






模様の糸(この場合は青い糸)は、シャトルではなく、バタフライ(シャトルを使わず小さくまとめる方法vのこと)もしくは、小さなyシャトルに巻くとやりやすいです。




模様の糸は、少し山にして、ゆとりをいれてください。




少しフックり患があったほうが、いいです。








できあがると、こんな感じ。

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布クリエーターゆさあきこ:浮き織り動画解説


模様が、浮き出ているでしょ。



だから”浮き織り”。





この名前、手織り・織りでの、正式名ではない気がします。(すみません、不確か情報で、、、)




手織りを学んでいた時に、こういう名称はでてこなかった、、、気がします。。。。







この柄・模様が入っている部分ではない所では、隙間が空きます。




どうしても隙間が空くので、タペストリーなどに、向いているかと思います。




繊細な柄を織るというよりは、大柄を織り込んだほうが、うまくいきます。







裏は

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布クリエーターゆさあきこ:浮き織り動画解説


こういうふうに、糸がわたって行きます。




最初と最後の糸は、表に分からないように、入れ込んでください。







そんなに難しい織り方ではないでしょ。





次回は、、、、どんな織り方か、、、まだ決めていません。



こうご期待!!!












このブログの裏話・エピソードを、"Design Studio GOODMOON・生活にゆとりとアートを"公式フェイスブックページにて紹介しています。(フェイスブックにアカウントがない方も、ご覧いただけます。)

ホームページ”Design Studio GOODMOON”
ご連絡などはこちら




#ゆさあきこ #手織り #手織り教室 #東京神奈川 #アルメニアンレース #浮き織り織り 


"「浮き織り(織り方」動画の解説ブログ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント