「裂き織り(織ってみましょう)」動画の解説



おはようございます、”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布クリエーターゆさあきこです。


本日6月8日、「ゆさあきこの手織り教室:裂き織り(織ってみましょう)」を配信しました。



その解説ブログです。





裂き織りは、裂いた布をヨコ糸にして入れて織ります。





その時に、布がひっくり返ってしまって、柄が見えないことがあります。

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布クリエーターゆさあきこ:裂き織り動画解説


ところどころ、白っぽくなっています。





けど、”それが味になる”と、私は思っています。





先生によっては、違うかもしれません。






が、ぜーーんぶ、この白いところを表にしていたら、それはもう大変!!!




生徒さんでも、時々いらっしゃるんです、全部表にする方、、、、。




まぁ、その方は、そういう方は、性分なので、、、、、仕方なしとします。







私は、基本、白っぽくなっているところも、面白さにつながる、と考えたほうがいいのではないか、と思っています。







そして上の写真、タテ糸によって、違って見えませんか?




裂き織りの場合、このタテ糸の配色の違いを、もっと感じて、色を選ばれるといいのでは、と思います。






織っている時の布端は、どうしても、出っ張っちゃいます。

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布クリエーターゆさあきこ:裂き織り動画解説


折りたたんでもいいです。



が、この出っ張っちゃうのも、味。(こういう漢字でいいのか???)






以前、生徒さんで、どーーーーしても、裂き織りをして、出る布端がイヤ!!、という方いらっしゃいました。



でも、布を用いている限り、糸のようにはいかない、、、、、。





私は、出っ張っちゃったら、全部同じように、出っ張らせてください、といっています。





同じようになるように、布端はしていければ、織りあがりは、きれいになります。





ちょっと解説、長くなってしまったので、続きは次回にします。











このブログの裏話・エピソードを、"Design Studio GOODMOON・生活にゆとりとアートを"公式フェイスブックページにて紹介しています。(フェイスブックにアカウントがない方も、ご覧いただけます。)

ホームページ”Design Studio GOODMOON”
ご連絡などはこちら




#ゆさあきこ #手織り #手織り教室 #東京神奈川 #アルメニアンレース #裂き織り


"「裂き織り(織ってみましょう)」動画の解説" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント