少し太い糸で、アルメニアンレースのサンプルを作ります



おはようございます、アルメニアン大使館お墨付きの布作りクリエーターゆさあきこのアルメニアンレース教室では、受講される方の ” こんなレース布・作品を作りたい!” という ” 想い ” をサポートしていきます。お一人お一人が、日常でご自分のアルメニアンレース作品を、ご自分の生活で使っていただけるように、オンリーワンの布作りができるように。そして、” 時間をかけて物を作る大切さ ” という事もお伝えしていきたいと思います。



3月29日のブログで、10年以上前の生徒さんから、もう一度習いたい、というご連絡があった、ということを書きました。







その方のために、少し太い糸で、アルメニアンレースの作品が作れないか、と今、サンプルを作ろうとしているところです。

布クリエーターゆさあきこ:アルメニアンレースのサンプル


どうしても、私、緑色が好きなので、緑系の糸が多い、、、、、。








ご連絡いただいた生徒さん:Eさん、少し目が万全ではないので、太い糸で作れるように、考えたいと思っています。




本来は、レース糸を使うので、もっと細い糸で作っていきます。








今、アルメニアンレースの教室は、実地では行っていない状態です。







そのことをお話したのですが、Eさん、どうしてももう一度習いたい!!!、とのことなのです。








昨年ご主人が亡くなられ、一周忌も終えられて、何か始めたい!!、と思われたとの事。




で、私のところにご連絡があった、というワケです。









ずっと私からのハガキなどを、捨てずに持っていてくださったそうなのです。





なんて有難いことなんでしょう。








Eさんの年齢をお聞きしたところ、80歳に近いのです。






コロナ禍で怖くないですか、とお話ししたところ、そんなに怖くはないです、と、、、、。




用心しながら、でももう一度習いたい!!との事でした。






その分私の方では、しっかりと感染防止対策しないと、とは思っています。








来週の火曜日に、ご見学に来られます。



本来は手織り教室なのですが、一緒にアルメニアンレースもやってしまおうかな、と思っています。





東京世田谷区の手織り教室は、広いのです。(Eさんのご自宅から近い場所は、自由が丘だったのです)


なので、蜜にならない。







とにかく、10年以上前に通ってくださった方から、また習いたいというそのお気持ちになんとかお答えしたい!!、感染防止対策もしっかりとして、その思いにお応えできるようにしたい、そう思っています。













アルメニアン大使館お墨付きのアルメニアンレース教室は、新型コロナウイルス禍なので、新規の受講ご希望の方、ご見学の方を控えております。来春ぐらいから、新たに再開できれば、、、と思っております。こちらからご連絡くださいませ。







このブログの裏話・エピソードを、"Design Studio GOODMOON・生活にゆとりとアートを"公式フェイスブックページにて紹介しています。(フェイスブックにアカウントがない方も、ご覧いただけます。)

ホームページ”Design Studio GOODMOON”
ご連絡などはこちら




#ゆさあきこ #手織り #手織り教室 #東京神奈川 #アルメニアンレース教室 #時間をかけて作る大切さ #布クリエーター #アルメニアンレースのマット #アルメニアンレースのラグマット #語り唄ゆ・あ #ゆめのたね放送局パーソナリティ #Clubhouse

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック