10年以上前の生徒さんからいただいた電話



おはようございます、アルメニアン大使館お墨付きの布作りクリエーターゆさあきこのアルメニアンレース教室では、受講される方の ” こんなレース布・作品を作りたい!” という ” 想い ” をサポートしていきます。お一人お一人が、日常でご自分のアルメニアンレース作品を、ご自分の生活で使っていただけるように、オンリーワンの布作りができるように。そして、” 時間をかけて物を作る大切さ ” という事もお伝えしていきたいと思います。



先週末、10年以上前に、通ってくださっていた生徒さん・Eさんから、連絡がありました。






なんと、” もう一度習いたいのです ” というご連絡でした。









お電話でご連絡を頂戴したのですが、お名前を伺って、思い出したのです。(割と覚えているものです。






もう、本当にビックリしてしまいました。









Eさん、この十数年間、いろいろなことがおありだったようです。







お友達の方と一緒に通ってくださっていたのですが、その方は数年前に他界されたという事でした。






Eさんご自身も、ご主人が体調を崩して、介護看病をされていたそうです。









この間、私は作品展のお知らせやワークショップのご連絡など、住所を知っている方には、送らせていただいていました。





それらのハガキなど、Eさんは、全部取っておいたそうなんです。









” ゆさ先生にもう一度お会いしたかったんです。もう一度習いたかったんです。 ” と、、、、、、。









先週、連絡して下さったのは、ご主人の一周忌も無事終えられて、自分の時間ができたから、との事でした。









こんなにこんなに嬉しいことって、あるんだなぁ、、、、、って、感じています。








お友達がお亡くなりになられて、ご主人も体調を崩されてきて、つらい時に、私からの案内状がもしかしたらEさんの心の支えになったのかもしれないーーーーー、そう思うと、言葉では言い表せないぐらいいろんな気持ちが湧き上がってきます。






本来アルメニアンレース教室は、説明する時に近くなりすぎるので、実地のお教室は、今現在ひらいていません。








新型コロナウイルス禍である、ということをお話ししましたところ、手織り教室の方々と一緒にでもいいので、ということになりました。








まずはお教室に見学に来ていただく、ということにしました。




来月、最寄り駅で待ち合わせをします。








泣いちゃうかもしれない、、、私、、、。








まずは、Eさんがこれまで一生懸命送ってこられた日々の事を、いろいろ伺いたいなぁ、と思っています。




その様子、お伝えできる範囲で、またご報告しますね。











アルメニアン大使館お墨付きのアルメニアンレース教室は、新型コロナウイルス禍なので、新規の受講ご希望の方、ご見学の方を控えております。来春ぐらいから、新たに再開できれば、、、と思っております。こちらからご連絡くださいませ。







このブログの裏話・エピソードを、"Design Studio GOODMOON・生活にゆとりとアートを"公式フェイスブックページにて紹介しています。(フェイスブックにアカウントがない方も、ご覧いただけます。)

ホームページ”Design Studio GOODMOON”
ご連絡などはこちら




#ゆさあきこ #手織り #手織り教室 #東京神奈川 #アルメニアンレース教室 #時間をかけて作る大切さ #布クリエーター #アルメニアンレースのマット #アルメニアンレースのラグマット #語り唄ゆ・あ #ゆめのたね放送局パーソナリティ #Clubhouse

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック