生徒さんたちを見習って、作品作りしてます



おはようございます、アルメニアン大使館お墨付きのアルメニアンレース教室では、受講される方が主役です。生徒さんお一人お一人が、日常でご自分のアルメニアンレース作品を、ご自分の生活で使っていただけるように、サポートしていきます。


12月11日のブログでアルメニアンレース作品を作り始めました、という事をお伝えしました。





今、やっとやっと、周りのまつり縫いと裏面の布の始末が終わったところです。

布クリエーターゆさあきこ:アルメニアンレースのマット


手前の薄いピンクの布が裏面。


芯地が見えているところと、このピンク色との間をアルメニアンレースでうめます。




そして表面にも、ちょこっとだけ、アルメニアンレースを施す予定です。








このアルメニアンレースの作品は、教室で課題にするためではなく、私自身の作品です。







手織り教室、アルメニアンレース教室、両方の生徒さんたちが一生懸命、ご自身のオンリーワンの布を作っているのを見て、私も刺激されて作り始めました。







なかなかね、教室準備に追われて、自分の作品作りができないのです。



けれど、アルメニアンレースだと、ご飯食べ終わってちょこっとやる、とかテレビ観ながら手だけ動かす、みたいな感じで作れるんです。








そうやって、ちょこちょこ時間を見つけては作ってできあがったのが、11月に完成したアルメニアンレースのティーマットです。





どうしても一か月はかかるねぇ、、、、できあがるのに。






今回のマットも予定では、12月中にできれば、と思っていましたが、まつり縫いで半月かかってしまった、、、、。








アルメニアンレースは、針と糸だけで作っていきます。



今の時代は、 ” 時短 ” が好まれますよね。



だからある意味時代に反している、、、、、。





けれど、出来上がった作品にどれだけの時間と日数をかけたか、という事を人は感じるんですよね。



説明しなくても、その作品を見て感じるーーーー。







私のアルメニアンレース教室と手織り教室の生徒さんたちも、毎作品、とても丁寧に作っています。



” 丁寧に作品作りと向き合っている ” って、分かるんですよねぇ~。






だから、私も生徒さんたちに負けないように、って思っています。







今の段階では、アルメニアンレースはどこにどなるのか????、って感じだと思いますが、、、、。




また少しできてきたら、お見せしますね。











アルメニアン大使館お墨付きのアルメニアンレース教室は、新型コロナウイルス禍なので、新規の受講ご希望の方、ご見学の方を控えております。来春ぐらいから、新たに再開できれば、、、と思っております。こちらからご連絡くださいませ。







このブログの裏話・エピソードを、"Design Studio GOODMOON・生活にゆとりとアートを"公式フェイスブックページにて紹介しています。(フェイスブックにアカウントがない方も、ご覧いただけます。)

ホームページ”Design Studio GOODMOON”
ご連絡などはこちら




#ゆさあきこ #手織り #手織り教室 #東京神奈川 #アルメニアンレース教室 #洋服のアレンジをアルメニアンレースで #布クリエーター #アルメニアンレースのティーマット #アルメニアンレースのランチョンマット

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック