" 想い ” を1本の糸にして---、2021年の抱負



おはようございます、「”想い”を1本の糸にして・Design Studio GOODMOON」では、” 皆さんひとりひとりの ”
想い ”が実現できるようにサポートしていきたい 、と考えています。布クリエーターゆさあきことしては、「自分だけの布作りをしたい!」という ” 想い ” をお持ちの方々を、手織り・アルメニアンレース教室を通してサポートできればと思っています。


今年初の投稿です。



今週は、新年初教室が、日にちの関係でまだ始まっていないのです。






といって、寝正月の延長・お休みしていたワケではありません。






12月25日のブログでお伝えしたように、ホームページを直していました。

布クリエーターゆさあきこ:ホームページ修正中



昨年末から、ずーーーーーーーーーっとずっと、今までSOHO(スモールオフィスホームオフィス)としてやってきたこと、21年間手織り教室で教えてきたこと、などなどの、根本・根っこにある ” 私の気持ち・想い ” ってなんなんだろうか、ということを、考えていました。






考えていた、というか、まとめていた・心の中を整頓していた、というところでしょうか。








私は、21年間(去年10月から22年目、、、多分、、、)手織りを教えてきました。




手織り教室では、決まった課題はあるのですが、糸や色は生徒さんご自身で選んでいただいています。





そうすると、織りあがった作品は皆さん、本当に全------ん部、違う作品になるんです。







そのことに毎回驚き、そして生徒さんが一つ一つの作品に、ご自身で工夫をこらして、さらにオンリーワンの布にされているのを拝見して、驚きを通り越して嬉しさにさえ感じていました。









人って、” 存在だけで、オンリーワンなのだ ”、ということを、手織り教室の生徒さんたちの作品を通して、再確認させられた、といっても過言ではないのです。








始めは、” キットを使ってみんな同じ作品にはしたくない ” という想いでやっていました。





もちろんその ” 想い ” は、今でも変わっていません。




その ” 想い ” に段々とプラスされていった、されていっている、そんな気がしています。








そしてもしかすると、世界中の人々が、自分の ” 想い ” を実現していけば、世界平和にもつながるんじゃあないか!?、とさえ思ったりもします。








私の作品うんぬんじゃあないんです。

私がこれ作っています!、ではない。




そういうことをしたい、していきたいワケではない。(もちろん多少はあるけれど、、、)






だから私、あんまり自分の作品制作に力を注いでこなかったんじゃやないか、とさえ思っています。(作らないことへの、ちょっとした言い訳、、、、







生徒さんが、どんな色が好きでおうちのどこに使いたくて、とか、いつ着用したいのか、とかいうことをきちんと伺って、そのうえで、” じゃあ、こういう色にして、この織り方でやってみたら? ” とかいうアドバイスをさし上げることが、私自身の楽しみでもあるのです。








という気持ち・ ” 想い ” を、なんとかホームページに表現できないものかーーーー、と各教室が始まっていないこの間、考えて修正してきています。






ほぼほぼ出来上がって、あとは動画撮影をして、トップページに貼り付けます。



まぁ、この動画がね、ひとつの難所、ではあります。






このホームページに掲げたことが、私の2021年以降の抱負、です!!!!!














作品制作のご依頼はこちらからお願いします。(個人様用の制作はいたしておりません)








このブログの裏話・エピソードを、"Design Studio GOODMOON・生活にゆとりとアートを"公式フェイスブックページにて紹介しています。(フェイスブックにアカウントがない方も、ご覧いただけます。)

ホームページ”Design Studio GOODMOON”
ご連絡などはこちら




#ゆさあきこ #手織り #手織り教室 #東京神奈川 #アルメニアンレース教室 #絽 #捩り織り #オンライン動画手織り教室 #好きを仕事にする #布クリエーター #布クリエーターゆさあきこ #語り唄ゆ・あ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック