ゆさあきこの手織り教室:裂き織りの面白さ



おはようございます、のべ3000人の方を教えた実績のある、1対1対応で、あなただけの布作りをサポートする手織り教室・布クリエーターゆさあきこです。


ゆさあきこの手織り教室では、1対1でアドバイスをさし上げています。




生徒さんが何人いらっしゃっても、1対1でアドバイスしております。






各課題ごとに、生徒さんご自身で糸・色を選んでいらっしゃるので、キットを使っていないので、当然そうなります。





ある意味、教える方にとっては、キットの方がやりやすいんです。



皆さん同じの方が、楽。





裂き織りの課題もあります。

ゆさあきこのの手織り教室:裂き織りの課題


ブロックに見える網代を、織っていらっしゃる生徒さん・世田谷区自由が丘のKさんです。





ヨコ糸に布と糸の交互で織っています。




けれど、黄色のタテ糸のときには、少し白っぽく見えませんか?


反対に紺色のタテ糸のときには、濃く見えます。





何もしていませんよ、ただタテ糸が黄色が上か紺色が上か、この違いだけです。





裂き織りを織っていらっしゃる方、多いかと思います。



タテ糸の色を変えたり、組織といっていろんな織り方に、布を使う、ということをすると、裂き織りはもっと面白くなるのんではないか、と思っています。



割と一辺倒で織っていらっしゃる方が多いなぁ、という印象です。






Kさんも、本来は裂き織りだけをやりたい!!、という方なのです。



が、ゆさあきこの手織り教室の課題のなかで、布を使っていけるところは布を使う、という形で、受講していただいています。





これはゆさあきこの手織り教室が、1対1でアドバイスできる、さしあげているからこそできる、と思っています。









手織り教室の受講はいつからでも始められますし、ご見学もできます。



ご連絡などはこちらからお願いします。










このブログの裏話・エピソードを、"Design Studio GOODMOON・生活にゆとりとアートを"公式フェイスブックページにて紹介しています。(フェイスブックにアカウントがない方もご覧いただけます。)




ホームページ”Design Studio GOODMOON”
ご連絡などはこちら




#ゆさあきこ #手織り #手織り教室 #東京神奈川 #アルメニアンレース教室 #布クリエーター

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント