手織り教室・ゆさあきこのアドバイス:オンリーワンの作品に織り上がるように



おはようございます、のべ3000人の方を教えた実績のある、1対1対応で、あなただけの布作りをサポートする手織り教室・布クリエーターゆさあきこです。


毎年”裂き織りをやりたい!”と言う方が、何人か手織り教室にいらっしゃいます。




”裂き織り”とは、ヨコ糸に裂いた布(ハサミなどで切ることもあります)を入れて織っていくことです。






ちまたで割と多くお見受けするのが、一色のタテ糸で、裂き織りをしている作品です。




そういう作品を拝見すると、もったいないなぁ、と感じてしまいます。








”裂き織り”こそ、タテ糸の配色、これによってスッゴク織り上がりが変化するからです。








この写真は、東京世田谷区自由が丘の手織り教室・Kさんが、ブロックに見える網代織りを、裂き織りで織っているところです。

1対1対応のゆさあきこの手織り教室:生徒さんへのアドバイス


黄色いタテ糸の部分、白っぽく見えますよね。



タテ糸に、紺と黄色を入れています。





特に、紺色の時に何か細工をしているワケではないですよ。



けれど、こういう風にタテ糸の色が違うだけで、同じ布を入れて織っても、違って見えるのです。







Kさんは、裂き織りをやりたい、できれば裂き織りだけをやりたい、ということでした。



が、”裂き織りこそ、手織り本来の組織(いろんな柄・模様が出る織り方、タテヨコ糸の入れ方)を知ったほうが、いいですよ。”という私のアドバイスを聞き入れてくださって、通ってくださっています。






本来私の手織り教室では、裂き織りだけのコースはないのですが、通常の手織り教室の課題で、布を使えるところは布を使うようにして、作品制作をしています。




こういうことも、1対1アドバイス・1対1対応なので、できちゃいます。







布を選ばれる時にも、しっかりアドバイスを差し上げています。





Kさんの場合は、タテ糸が紺と黄色でしたので、紺地の布を選ぶように、そして黄色と青系の色が入っている柄の布を選ぶように、と。


柄の大きさも、小さいとこうなる、大きいとこうなる、という具体的で分かりやすいアドバイスを差し上げています。




布を購入するときに、迷ってしまいますからね。





ゆさあきこの手織り教室は、生徒さんが何人いらっしゃっても、1対1でアドバイスを差し上げています。


生徒さんにとっても、オンリーワンぬ布作りができるように。









手織り教室の受講はいつからでも始められますし、ご見学もできます。


ご連絡などはこちらからお願いします。










このブログの裏話・エピソードを、"Design Studio GOODMOON・生活にゆとりとアートを"公式フェイスブックページにて紹介しています。(フェイスブックにアカウントがない方も、ご覧いただけます。)

ホームページ”Design Studio GOODMOON”
ご連絡などはこちら




#ゆさあきこ #手織り #手織り教室 #東京神奈川 #アルメニアンレース教室 #布クリエーター

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック