ゆさあきこの手織り教室生徒さん作品:ファンシーヤーンのストール



おはようございます、のべ3000人の方を教えた実績のある、1対1対応で、あなただけの布作りをサポートする手織り教室・布クリエーターゆさあきこです。


ゆさあきこの手織り教室の生徒さん達が織った作品を、紹介します。






織った布を、ご自身の生活の中で使う = 「手織り布のある生活」を提案しています。








今日ご紹介する生徒さんKさんは、神奈川藤沢の手織り教室さんです。







ご自身で織ったストールを、着用されて、教室にいらっしゃいました。

のべ3000人の方を教えた実績のある、1対1対応で、あなただけの布作りをサポートする手織り教室布クリエーターゆさあきこ:ゆさあきこの手織り教室生徒作品


ボルドー色のジャケットと合わせて、着用していらっしゃいます。




ステキでしょ~~







このジャケットに合わせて、色選びをされたワケではない、とのこと。



「あら、これ、合うわ」、って感じだったそうですよ。








写真だと、光沢感が出ないので分かり難いかと思いますが、水色っぽく見えるところは、もっとシルバー系のブルーグレーです。




それに、光沢感がある糸です。



なので、実際はもっと高級感、あります!







このストールの課題は、「ファンシーヤーンのストール:あき羽にする(あきは)」です。



あき羽(あきは)とは、所々へドル(筬)の目を空けて、タテ糸を通すことです。







タテ糸の入れ方は、決まっていますが、皆さん選ばれる糸・色が違います。







20年教えてますが、今まで誰一人、同じ配色になった方・事がないんですよ。





まさに、手織り布は、オンリーワンの布、と言えますよねぇ。








ゆさあきこ手織り教室はこちら









このブログの裏話・エピソードを、"Design Studio GOODMOON・生活にゆとりとアートを"公式フェイスブックページにて紹介しています。(フェイスブックにアカウントがない方も、ご覧いただけます。)

ホームページ”Design Studio GOODMOON”
ご連絡などはこちら




#ゆさあきこ #手織り #手織り教室 #東京神奈川 #アルメニアンレース教室

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック