手織り生徒作品:皮を使った作品



おはようございます、”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布クリエーターゆさあきこです。


手織り教室の生徒さん作品を、紹介します。




神奈川相模大野(東京町田)の手織り教室・Eさんの作品です。

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布クリエーターゆさあきこ:手織り教室生徒作品


カワイイでしょう~~





バックではなく、”物入れ” だそうです。



なので、持ち手が小さくて、自立して立っていられます。






Eさん、この作品、すーーーーごく悩んで悩んで、一回タテ糸を張ったのに、またやり直したりして、完成させたんですよ。




その根気に







「自由作品」という課題で、織った布で、仕立てられています。




裂き織りなんです。



しかも、ベージュに見えるところは皮。





以前いらっしゃった生徒さんが、革工房で働いていらっしゃって、あまり皮を、持ってきてくださったんです。





それを、上手く使っていらっしゃいますね。











このブログの裏話・エピソードを、"Design Studio GOODMOON・生活にゆとりとアートを"公式フェイスブックページにて紹介しています。(フェイスブックにアカウントがない方も、ご覧いただけます。)

ホームページ”Design Studio GOODMOON”
ご連絡などはこちら




#ゆさあきこ #手織り #手織り教室 #東京神奈川 #アルメニアンレース 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック