パイル織り(ルーピングを織る)動画解説



おはようございます、”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布クリエーターゆさあきこです。


本日6月29日、「ゆさあきこの手織り教室:パイル織り1(ルーピングを織る)」を配信しました。



その解説動画です。





動画だけだと、分かりやすそうで分かり難いですよねぇ、、、なので、写真と図で解説します。






パイル織りという織り方は、毛足を作る織り方です。


毛足の長い織り方のものと、短い毛足の織り方の2種類があります。






長い毛足のパイル織りには、ノット織り(ノッティング)とルーピングがあります。



今回は、ルーピングの織り方です。






まずは、できあがりから。

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布クリエーターゆさあきこ:パイル織りルーピング


手前は、タテ糸1本ずつすくってルーピングしたもの。


後ろは、タテ糸2本ずづすくったものです。





図で解説すると、とても分かりやすいです。

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布クリエーターゆさあきこ:パイル織りルーピング


タテ糸1本すくっています。





2本すくうのは

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布クリエーターゆさあきこ:パイル織りルーピング



ね、図解のほうが、だんぜん分かりやすい、、。





ルーピングしたあとは、必ず地の糸で1段以上平織りをします。


ルーピングにぴったりと、押さえるようにしてくださいね。





クルクル巻いていくときに、引っ張り過ぎない事、これ、ゆさ’S POINT!!です。



引っ張り過ぎると、けっこう毛足が縮まります。






そしてクルクル巻くための棒は、編み棒や定規、シャトルなんかを使うといいです。


毛足の長さは、作るもの・お好みで換えてください。





綿タイプの糸でも平織りでしっかりおさえれば、そんなに抜けることはないです。


が、安定するのはウールでやったほうが、より抜けにくいです。




ウールで縮絨(縮ませる仕上げの仕方)させることによって、ルーピングがなくなっちゃう、ってことが防げるからです。





とはいえ、引っ張ったら、つれたりしてしまいますけどね。





次回は、パイル織りの中のノッティング(ノット織り)です。










このブログの裏話・エピソードを、"Design Studio GOODMOON・生活にゆとりとアートを"公式フェイスブックページにて紹介しています。(フェイスブックにアカウントがない方も、ご覧いただけます。)

ホームページ”Design Studio GOODMOON”
ご連絡などはこちら




#ゆさあきこ #手織り #手織り教室 #東京神奈川 #アルメニアンレース #ななこ織り #手織りワークショップ #パイル織り


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック