「裂き織り(布について)」動画の解説



おはようございます、”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布クリエーターゆさあきこです。


本日6月2日、「ゆさあきこの手織り教室:裂き織り(布について)」を配信しました。



この動画の解説ブログです。






裂き織りとは、文字のごとく、裂いた布をヨコ糸に入れて織ることをいいます。



裂き織りについて、解説していく前に、まずは布、です。






どういう布を選ぶか、というのは、どういう布を織りあげたいか、につながります。




織りあがった時に厚みがあった方がいいのか、カジュアルな感じで使いたいか、などなどです。







厚みがある布を選ばれると、織りあがりはカジュアルな感じになり、マット類に適したようになります。




薄い生地を選ぶと、細く切ることが容易なので、薄手の布に織りあがります。







プリントしている布ですと、どうしても裏側は白いです。


織る時に、この白が見えてイヤ、という方は、目立たない物を選ぶか、後染めではなく、先染め(染まった糸を使って織っている)の布を選ぶとよいです。






両端が白い時は、その部分を切り落とします。

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布クリエーターゆさあきこ:ゆさあきこの手織り教室裂き織り


ハサミでもいいですし、手で裂いてもいいです。







裂き方は、動画の通り。




ハサミで切り込みを入れて、手で裂きます。


ハサミを使ってもかまいません。(曲がるけど、、、、)





細い幅で裂くのが大変なら、ロックミシンを使ってもいいかもしれません。



ただし、ロックミシンは、当然糸はつけず、カラでかけます。


が、引き返す時が、少し大変かもしれません。






裂いたときのこの部分

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布クリエーターゆさあきこ:ゆさあきこの手織り教室裂き織り


切り落としてもいいです。



私はこのまま使っちゃいますけど、、、、。






裂く幅、これも作りたい布によります。





広いとカジュアルになり、細いと繊細な感じになります。




幅を広く(長く)裂くと、織る時に押し込むことになり、厚みが出ます。



押し込まずに、幅をキープして織ってもいいですけどね。





布端まできたら、

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布クリエーターゆさあきこ:ゆさあきこの手織り教室裂き織り


こんな風に、切り込みを入れて、同じように裂いていきます。




裂き終わったら、シャトルに巻いて、準備OKです。






裂いたことによって、布が丸まることがあります。


アイロンをかけてもいいですが、ちょっと大変、、、、。





私は、織る時に、伸ばしながら、、、にしますけど、丁寧にしたいなら、アイロンをかけてもいいです。




シャトルに巻くときに、捩じれても良し!、としてください。


捩じれないで巻くなんて、、、、かなりハード、、、、。




でも、イヤ捩じれるのは!!、って方は、直しながら巻いてもいいですけどね。





次回は、「裂き織りを織る」です。










このブログの裏話・エピソードを、"Design Studio GOODMOON・生活にゆとりとアートを"公式フェイスブックページにて紹介しています。(フェイスブックにアカウントがない方も、ご覧いただけます。)

ホームページ”Design Studio GOODMOON”
ご連絡などはこちら




#ゆさあきこ #手織り #手織り教室 #東京神奈川 #アルメニアンレース 


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 裂き織り動画解説ブログ2

    Excerpt: おはようございます、”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布クリエーターゆさあきこです。 Weblog: 「糸から作る自分布」布クリエーターゆさあきこ racked: 2018-06-06 10:34