いろんな織り方・パイル織り



おはようございます、のべ3000人の方を教えた実績のある、1対1対応で、あなただけの布作りをサポートする手織り教室・布クリエーターゆさあきこです。


今日は、パイル織りという織り方を、お話しします。


3月12日のブログで、手織り教室生徒さん・Tさんの作品として、パイル織りのクッションを紹介しています。






パイル織りには、” ローパイル ” と ” ハイパイル ” があります。



” ローパイル ”っていうことは、低い = 毛足が短い。

” ハイパイル ”は、高い = 毛足が長い、ということです。



” ハイパイル ”には、” ノット織り ” という結び目を作って毛足をだす織り方、これが含まれています。





ここまでは、難しい分類のことを、お話ししました。






この毛足、どうやって作るのかというと、

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布クリエーターゆさあきこ:いろんな織り方パイル織り


こうやって、クルクル巻いていきます。


棒針を使っていますが、この巻きつける物が、定規だったりすると、その分が毛足 = 長さになります。





一目一目、巻いていってもいいですし、一目飛ばしでも、二目飛ばしでも、大丈夫です。(まぁ、二目飛ばすと、タオル地感は、なくなりますけど、、、ね。)






実際のタオル、引っかけてしまうと、ピぃーーーってつれてしまいますよね。


こうやって巻きつけているから、引っかけてしまうと、つれてしまうんです。





今はタオル地、マシンで作ります。


が、手織りは、一目一目、クルクルと巻いていきます。



かなりの糸の量と、根気ーーーーー、これが必要になります。。。。。










このブログの裏話・エピソードを、"Design Studio GOODMOON・生活にゆとりとアートを"公式フェイスブックページにて紹介しています。(フェイスブックにアカウントがない方も、ご覧いただけます。)

ホームページ”Design Studio GOODMOON”
ご連絡などはこちら

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック