筬と糸の太さについて2



おはようございます、のべ3000人の方を教えた実績のある、1対1対応で、あなただけの布作りをサポートする手織り教室・布クリエーターゆさあきこです。



1月31日のブログで、筬(おさ・リジェット機ではへドルともいう)について、説明しました。




今日は、その筬目(おさめ)と糸の事を説明します。


筬(おさ)には、20~50羽までの種類がある、ということも、書きました。(リジェット機では)




糸の太さ対して、どの筬(おさ)を使って良いのか、迷うところです。





これが正しく選べていないと、タテ糸が全く見えない、、、そんな布が織りあがってきてしまいます。







選ぶときに、ポイントがあります。



この写真のように

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布クリエーターゆさあきこ:筬目と糸の太さ


定規を用いて、1cmに何本、使いたい糸が入るか、を数えます。



この場合、6本で1cm。


なので、60羽の筬があれば、ベストです。





リジェット機の場合、60羽の筬はないので、30羽で1目に2本入れます。



そうすると、1cmで6本になりますよね。







大丈夫かなぁ~~、ここまで、簡単な数学ぅ~、ついてこられましたか???






基本的には、この方法を基準に、筬目(おさめ)を選びます。




この場合、ヨコ糸も同じように、2本どりにして織ります。



そうすると、タテヨコの糸が、いい具合で見える布に織りあがります。(ガンガン積めないで織れば、です。)






時々、手織り布の作品で、タテ糸の太さと筬目が、正しくなくて、ヨコ糸の色ばかりが目立っている布を、拝見したりします。



手織りは、タテ糸とヨコ糸の組合せから、布が織りあがります。





なので、しっかりと、糸の太さに対して、適切な筬目を、選んで織りあげたいですよね。






あとは、織りあげたい布が、ザックリと透け感のあるものにしたいとか、タテ糸を長く見せたいなどなどによって、筬目を代えていきます。






1cmの中に何本糸があ入るか、これを覚えておくと、皆様の布作りに、役立つことと思います。




筬と糸の太さについて1は、1月31日のブログをご覧ください。











このブログの裏話・エピソードを、"Design Studio GOODMOON・生活にゆとりとアートを"公式フェイスブックページにて紹介しています。(フェイスブックにアカウントがない方も、ご覧いただけます。)

ホームページ”Design Studio GOODMOON”
ご連絡などはこちら

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック