手織り生徒さん作品・バックの布を織る



おはようございます、のべ3000人の方を教えた実績のある、1対1対応で、あなただけの布作りをサポートする手織り教室・布クリエーターゆさあきこです。


恒例の(?)、手織り教室の生徒さんの作品を紹介します。





東京狛江市の手織り教室生徒さん・Gさんの作品です。

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布クリエーターゆさあきこ・手織り教室生徒作品


ステキ でしょ~~。



大きさは、そんなに大きくないバックです。


長財布が入るぐらいの、横幅のバックです。





この織り地を、課題として、織っていただきました。




それを、縫って仕立てられて、完成







織り地をアップで

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布クリエーターゆさあきこ・手織り教室生徒作品


このちょっと大き目な、ブロックの部分、ここ、”ななこ織り”???、と言っていいかな??




平織りの大きくなっているのを、”ななこ織り”と言います。







”バックの布地を織る”という課題です。


完成するバックの大きさを決めて、糸、色を決めて、どんな感じに織りあげたいか、という事を、生徒さんご自身が決めます。





もちろん、生徒さんご自身の完成イメージを、私が聞いて、アドバイスを差し上げます。







このGさんのバックも、普通の平織りだけでは面白くないので、”ななこ織り”部分を入れるように、アドバイスしました。






タテヨコに、少し光沢感があるグレーの糸も使っています。



同じ種類の糸だけで織ると、単調な仕上がりになってしまうんです。


どこかにポイントがあった方が、出来上がりの布地、ステキになるんです。




こういったことも、おひとりおひとりの生徒さんの各課題の糸選びに、しっかりとアドバイスしています。









このブログの裏話・エピソードを、"Design Studio GOODMOON・生活にゆとりとアートを"公式フェイスブックページにて紹介しています。(フェイスブックにアカウントがない方も、ご覧いただけます。)

ホームページ”Design Studio GOODMOON”
ご連絡などはこちら

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック