いろんな織り方・ななこ織り2



おはようございます、のべ3000人の方を教えた実績のある、1対1対応で、あなただけの布作りをサポートする手織り教室・布クリエーターゆさあきこです。


昨日1月22日のブログで、手織り教室生徒さんのなんこ織りのバックを紹介しました。




その、ななこ織りの織り方のについて、です。


ななこ織りについては、12月20日のブログでも、第一回目として、書いていますので、まずはそちらから読んでいただければと思います。





ななこ織りは、平織りです。


けど一目が大きい。




これは、へドル(筬・おさ)にタテ糸を通す時に、ななこ織りに織れるように、入れる、というところから始めます。 → ゆさ’S POINT!!

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布クリエーターゆさあきこ・ななこ織り2


へドルにタテ糸、入れて入れて空ける、入れて入れて空ける、ってなっているの、わかりますか?



しかも、タテ糸は3本入っています。



空けたところのタテ糸分として、3本入れています。(通常ひとつの穴に2本入れるとして)



ちょっとこの辺、文章では説明し難いのですが、、、、。





30羽のへドル(筬・おさ)を、2本で一目に入れるとしたら、ななこ織りのときには、3本入れます。





このようにして入れると、へドル(筬・おさ)を上にすると

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布クリエーターゆさあきこ・ななこ織り2


タテ糸が2本(一目に通っているのを1本とカウントして)ずつ、上、下、上下、となっています。



この状態で、ヨコ糸を入れて、



そしてへドル(筬・おさ)を下にすると、

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布クリエーターゆさあきこ・ななこ織り2


さっき下にあった糸が、上がってきます。




これの繰り返しで、ななこ織りが織れます。



このときのヨコ糸は、6本でシャトルに巻いて、織ってください。



そうすると、大きな平織になります。




この一連を、動画Youtubeで、配信しています。



ヨコ糸は、分かりやすいように、タテ糸とは違う、太い糸で織っています。


これでも、ななこ織りになります。









このブログの裏話・エピソードを、"Design Studio GOODMOON・生活にゆとりとアートを"公式フェイスブックページにて紹介しています。(フェイスブックにアカウントがない方も、ご覧いただけます。)

ホームページ”Design Studio GOODMOON”
ご連絡などはこちら

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック