いろんな織り方・綾織り



おはようございます、のべ3000人の方を教えた実績のある、1対1対応で、あなただけの布作りをサポートする手織り教室・布クリエーターゆさあきこです。


手織り教室の生徒さんが、綾織りのマフラーを織り始めています。



その様子、Youtubeで動画配信しています。



半分づつタテ糸を変えています。


ヨコ糸は、基本、1色・グレーにされるとのこと。




短めのマフラーで、スリットをいれながら、織っているところです。







私の手織り教室では、ハマナカのアルテアという折りたためる織機を使っています。


その他の手芸メーカーさんの織機(クロバーさんとか、外国製のアシュフォードとか)でも、整経機能(タテ糸を作れる機能)があるものをお持ちならば、それを使って通っていただいてもいます。





これらの織機を総称して、リジェット機と言います。



このリジェット機、2枚綜絖の織機で、基本、平織りしか織れません。






”基本”と言ったのは、この動画のように、タテ糸をすくうことによって、綾織りなども織れるんです。



リジェット機自体の、通常の筬(おさ・へドル)の上下による織り方では、平織りがメインになります。(分かり難い説明ですよねぇ、、、、






大きな織機(リジェット機以外の)では、タテ糸をすくう代わりに、織機に細工というか、仕組みがあるんです。


織りたい柄・模様になるように、タテ糸を、その仕組み(手織りを本格的にやっていらっしゃる方のは、おかしな表現で、???ですよねぇ。 )に通しているのです。




だから織るときは、バッタンバッタンしているだけ、に見えるでしょ。(そういう画像をご覧になったこと、おありだと思います)



大きな織機では、織る前に時間がかかります。





けど、リジェット機だと、すくえばいいので、好きなところで止められるし、半部だけ違う織り方、ということもできます。





次回は、この綾織りを、もう少し詳しく説明していきます。










このブログの裏話・エピソードを、"Design Studio GOODMOON・生活にゆとりとアートを"公式フェイスブックページにて紹介しています。(フェイスブックにアカウントがない方も、ご覧いただけます。)

ホームページ”Design Studio GOODMOON”
ご連絡などはこちら

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック