課題ごとに、生徒さんで糸は選びます



こんにちは、”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布クリエーターゆさあきこです。


昨日、YouTubeに、手織り教室で、課題の糸きめをしているところを、動画でアップしました。、



こういう感じでね、毎回、課題ごとに、生徒さん、糸を選んでいます。




直ぐ決まる、ってことは、まれーーーー。






今回の課題の織り方を、サンプルを見せながら、お話しします。





で、織りあがったら、何にするか、マットなのか、マフラーやストールなのか、仕立てるのか、などなど、生徒さんご自身で決められます。



ただ、この織り方は、マット類がいい、とか、ストールがいい、とかいうことは、事前に、私の方からお話しします。


綿タイプの糸なのか、ウール系なのか、ということも、です。






幅も長さも、ほぼ自由に設定して、織ってもらいます。



そのためにはね、糸の計算、タテヨコ糸の必要な量も、計算してもらいます。






もちろん、どうやって計算するか、ということも含めて、お教えしています。



難しそう???、いえいえ、小学校3~4年生程度の足し算引き算、掛け算割り算で、OK!です。





この計算、何回かやっていけば、大丈夫、できるように、なttくるんですよ。



最初の頃は、私がちゃんと一緒に計算して、必要な玉数を出していきます。









このブログの裏話・エピソードを、"Design Studio GOODMOON・生活にゆとりとアートを"公式フェイスブックページにて紹介しています。(フェイスブックにアカウントがない方も、ご覧いただけます。)

ホームページ”Design Studio GOODMOON”
ご連絡などはこちら

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック