いろんな織り方・ななこ織り



おはようございます、のべ3000人の方を教えた実績のある、1対1対応で、あなただけの布作りをサポートする手織り教室・布クリエーターゆさあきこです。



手織り教室の生徒さんの完成作品・ななこ織りを、動画にて、配信しています。



この” ななこ織り ”について、織り方も含めて、お伝えしていこうと思います。




まず、この名前。

” ななこ ”、、、、、。


漢字は、”七子”とか”魚子”とか、いろいろあります。


名前の由来も、魚の鱗ににているから、とか、卵に似ているとか、などなど、諸説あります。




ので、私の手織り教室では、ひらがな表記をしています。





どういう織り地かというと

生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布クリエーターゆさあきこ・いろんな織り方”ななこ織り”


平織りの拡大版。


写真向かって右、です。




左が、普通の平織り。


小さいでしょ。




平織りって、???という方もいらっしゃるかと思うので、”平織り”は、タテ糸が上、下、上、下、って出て(見えている)、そういう織り地、のことを言います。




普通の平織りより、”ななこ”のところ、大きくて、まぁ、魚の鱗、、、って言えばそう見えなくもない???








”ななこ織り”って、織るときに、ユルユルになりがちなんです。


普通の平織りは、キツキツになる → 幅が狭まりがちになる、、、、のです。






なので、上の動画で、生徒さんに「平織の部分で、織り幅がそんなに狭くなってないね」、って私が、言っているんです。



この”ななこ織り”の課題、平織り部分と”ななこ”部分で、幅が狭くなったり広くなったりしてしまう生徒さんが、大半なんです。





ということで、”ななこ織り”を織るときには、ヨコ糸を入れるときのゆとり分に気をつける! → ゆさ’S POINT! です!



特に、平織りと合わせて織るときは、平織りと”ななこ”のヨコ糸のゆとり分が違うので、注意が必要です。





次回は、実際に織るとき、タテ糸の通し方、などをお伝えします。










このブログの裏話・エピソードを、"Design Studio GOODMOON・生活にゆとりとアートを"公式フェイスブックページにて紹介しています。(フェイスブックにアカウントがない方も、ご覧いただけます。)

ホームページ”Design Studio GOODMOON”
ご連絡などはこちら

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック