手織り生徒作品・ベルト織り



おはようございます、”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布クリエーターゆさあきこです。


手織り教室の生徒さんたちの作品を、紹介します。



ベルト織りといって(正式名かは????? )、ヨコ糸が見えない織り方です。




神奈川藤沢の手織り教室の生徒さん・Uさんの作品です。

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布クリエーターゆさあきこ・手織り生徒作品


ステキな色合わせでしょ~~。


全部、今までの作品の残り糸を使っています。




まだ仕立て上げていないんですけどね。


羽織物を縛って、バックなどにぶら下げるためのヒモ、ありますよね、それを織って作られました。



織りあげて、どういう風に仕立てたらいいか、ということを、他の生徒さんたちに相談ーーーー、ということで、仕立て上げずに、持ってこられました。




仕立てるときに、迷ったら、他の方のアドバイスを求む!!!


これ、結構、大切。



他の生徒さんたち、それぞれのアイデアを自分の事のように、提案してくださるんですよ。





で、後日、仕上げて、写真を送ってくださったのがこちら。

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布クリエーターゆさあきこ・手織り生徒作品


なかなかいい感じで、しっかり使っていらっしゃいますねぇ。





次は、同じ織り方の作品で、神奈川相模大野(東京町田)の手織り教室、Eさんの作品です。

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布クリエーターゆさあきこ・手織り生徒作品


鍋敷きです。




ベルト織りって、ヨコ糸が見えなくて、タテ糸の配色で、織りあがります。


なので、しっかりとして厚みが出る織り方なんです。



Uさんと違って、Eさんの作品は、幅があるので、かなり大変だったみたいです、、、、。




手織りって、糸を変えるだけで、同じ織り方でも、完成した作品が違ってくるんですよねぇ。









このブログの裏話・エピソードを、"Design Studio GOODMOON・生活にゆとりとアートを"公式フェイスブックページにて紹介しています。(フェイスブックにアカウントがない方も、ご覧いただけます。)

ホームページ”Design Studio GOODMOON”
ご連絡などはこちら

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック