手織り教室生徒さん作品



おはようございます、”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布クリエーターゆさあきこです。


手織り教室の生徒さんの作品を、お見せします。


東京世田谷自由が丘の手織り教室・Kさんの作品です。

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布クリエーターゆさあきこ・手織り教室生徒作品


カワイイ色合いでしょ~。


布端も、曲がらずに、キレイです。






亀甲模様という織り方です。


小さ目のマットです。


リビングのテーブル用だそうです。







アップで

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布クリエーターゆさあきこ・手織り教室生徒作品


この部分をよーーーく見て頂くと、六角形・亀甲になっています。





が、、、、反対側、織っているときに、、、、、 、、、、になってしまったらしく、織り方が違っていて、亀甲になっていませんでした。。。


Kさん、織機から外してから気づいて、、、、、




なので、その部分は写さないで、ということで、写っていません。





けど、亀甲模様にはならなかったけど、面白い織り方になっていました。


ので、マットではなく

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布クリエーターゆさあきこ・手織り教室生徒作品


こういう小さなバックにされたは??、と提案ーーー。




フタを開けると、違う(亀甲ではない)模様が見える、という感じになります。




確かに、亀甲模様を織る、っていう課題なので、間違いは間違いです。


けど、織りあがった作品を、どうすればステキになる・ステキに仕上げられるか、っていうのは、また別問題。




マットは左右対称のほうが、いいので、マットには向いていない。


けど、こういう小物入れにすれば、なんの問題もない、でしょ。


丁度、長財布が入るんですよ、この形。






こういう風に、提案していったら、Kさん自身も


間違ってしまって、かなり落ち込んでいらっしゃったんです。




商品として売るワケではないのでね、全然OK!!なんです。



さてさて、Kさんは、小物入れ・小さなバックに、仕立ててくるでしょうか!!??









このブログの裏話・エピソードを、"Design Studio GOODMOON・生活にゆとりとアートを"公式フェイスブックページにて紹介しています。(フェイスブックにアカウントがない方も、ご覧いただけます。)

ホームページ”Design Studio GOODMOON”
ご連絡などはこちら

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック