手織り布のフサ始末も、個性的に

おはようございます、”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布ク
リエーターゆさあきこです。


今日は、神奈川相模大野(東京町田)で手織り教室があります。


ここの手織り教室では、今、タペストリーを織っていらっしゃる方が、多いんです。




タペストリーといっても、大物ではなく、ちょっと壁に飾れる程度のものです。




織りは、もちろんですが、フサの始末の仕方も、バリエーションをつけて、アドバイスをさしあげるようにしています。



たとえば

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布ク
リエーターゆさあきこ・手織り布のフサ始末


これは、生徒さん・Mさんの作品のフサ。



ご存知の、マクラメです。



こういうふうに、織りあがった布幅全体に、マクラメ結びをすると、圧巻!!!




上のマクラメは、平結びを全体に続けています。




生徒さんおひとりおひとりの、作品に合わせて、マクラメの結び方も、変えているんですよ。




フサ始末ひとつにしても、同じものにしない!!!、がモットー(? )です。









このブログの裏話・エピソードを、"Design Studio GOODMOON・生活にゆとりとアートを"公式フェイスブックページにて紹介しています。(フェイスブックにアカウントがない方も、ご覧いただけます。)



ホームページ”Design Studio GOODMOON”
ご連絡などはこちらにご連絡ください。



料理ブログ”一週間で食材使い切りレシピ料理”はこちらから

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック