手織り生徒さん作品

おはようございます、”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布ク
リエーターゆさあきこです。


久々に、手織り教室の生徒さんの作品を紹介します。


まずは、習われて3作品目、裂き織りマット。

神奈川藤沢のTさんの作品です。

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布ク
リエーターゆさあきこ・手織り教室生徒作品


全部、浴衣を裂いてヨコ糸にされています。


裂き織りは、模様がつぶれてわからなくなるところに、面白さがありますよね。



ちょっと幅が、細くなっているところもありますが、まだ3作品目、ですからね。



幅をまっすぐに、織るって、やっぱり難しいんですよねぇ~。





次は、東京世田谷自由が丘も手織り教室の、Hさんの作品。

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布ク
リエーターゆさあきこ・手織り教室生徒作品
このブログの裏話・エピソードを、"Design Studio GOODMOON・生活にゆとりとアートを"公式フェイスブックページにて紹介しています。(フェイスブックにアカウントがない方も、ご覧いただけます。)

Hさんも、まだ習われて半年ちょっとの方です。


写真では、わからないですが、グレーっぽく見える糸は、チラチラっとラメがはいっています。

このラメがないと、男性っぽい配色、出来上がりになってしまうので、ラメ入り糸を使ったほうがいいですよ、とアドバイスしたんです。




裂き織りマットのあとに、サンプルを作ってから、このマフラーを織っていただいています。


自分でデザインして、糸、色を決められるんですよ。


Hさんも、四苦八苦していらっしゃいましたが、ちゃんとできましたよねぇ。






最後は、同じく自由が丘の手織り教室の、Kさんの作品。

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布ク
リエーターゆさあきこ・手織り教室生徒作品


ベルト織りという課題で織られた、キーホルダーです。


これは、自転車の鍵、だそうです。




分かり難いかと思いますが、ヨコ糸が見えない織り方なんです。


タテ糸だけの配色で、織られています。


厚みがあって、しっかりとした織りあがりになります。


なので、ベルトなどに適している織り方です。




Kさんのこのキーホルダーは、今まで課題で残った糸を使っています。

なので、材料費はゼロ。




私の手織り教室では、自分でデザインして、糸の計算もできるように、指導しています。


見学はいつでもOKです。


こちらにご連絡ください。


受講料などは、ホームページ”Design Studio GOODMOON”を、ご覧ください。











このブログの裏話・エピソードを、"Design Studio GOODMOON・生活にゆとりとアートを"公式フェイスブックページにて紹介しています。(フェイスブックにアカウントがない方も、ご覧いただけます。)


ホームページ”Design Studio GOODMOON”
ご連絡などはこちらにご連絡ください。



オンラインショップ”Design Studio GOODMOON”では、オリジナルデザインによる、クロスステッチ・アルメニアンレースの各図案集、手織りテキストを販売しております。

料理ブログ”一週間で食材使い切りレシピ料理”はこちらから

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 手織り生徒さんの糸が、届きました

    Excerpt: おはようございます、”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布ク リエーターゆさあきこです。 Weblog: 「糸から作る自分布」布クリエーターゆさあきこ racked: 2015-10-20 10:58
  • 生徒さんからの、お礼のメールがありました

    Excerpt: おはようございます、”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布ク リエーターゆさあきこです。 Weblog: 「糸から作る自分布」布クリエーターゆさあきこ racked: 2015-10-21 10:52