手織り教室、2作品目の課題の糸


おはようございます、”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布ク
リエーターゆさあきこです。


今日は、午後から神奈川藤沢で、手織り教室があります。


先週、新しく受講してくださる方が、いらっしゃいました。


今日で、その生徒さんたちは、2回目になります。




もう1回目の作品は、織りあがったということなので、2作品目の課題の糸を用意しています。



これがそのタテ糸。

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布ク
リエーターゆさあきこ・手織り教室2作品目の課題


ランチョンマットを2枚、織っていただくのが、2作品目の課題です。



糸、玉のままではなくて、切って結んでいますよね。


この状態が、作りたい・織りたい物の、長さ・本数を計算して、作ったものです。



”整経・せいけい”という作業です。




2作品目のランチョンマットは、幅30センチ、長さが40センチのものを2枚織ってもらいます。



なので、タテ糸の本数は90本です。



この写真の糸、90本あるんですよ。

こんがらがりそうでしょ。



でも、ちゃんと糸に順番をつけて結んであるんです。


2作品目の課題では、ここまでは、私がやっています。






手織りって、タテ糸を織機に張る、ということが、難しいんです。


最初の教室から、タテ糸をやっていたら、すぐに2時間は終わってしまいます。



なので、1作品目の課題は織ることを、やってもらいます。


2作品目で、全行程の半分から最後まで。

3作品目の課題で、最初から最後の工程を、やります。




そうしたほうが、織機にも慣れるし、どうふうな仕組かってことが、わかると思ううからです。




このランチョンマット、ヨコ糸は、一応指定はしていますが、好きなものを入れてOK,ということにしています。


さてさて、どんな感じになるか、、、お楽しみにしていてくださいね、また紹介できたら、紹介しますので。











このブログの裏話・エピソードを、"Design Studio GOODMOON・生活にゆとりとアートを"公式フェイスブックページにて紹介しています。(フェイスブックにアカウントがない方も、ご覧いただけます。)







ホームページ”Design Studio GOODMOON”
ご連絡などはこちらにご連絡ください。



オンラインショップ”Design Studio GOODMOON”では、オリジナルデザインによる、クロスステッチ・アルメニアンレースの各図案集、手織りテキストを販売しております。

料理ブログ”一週間で食材使い切りレシピ料理”はこちらから

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック