手織り生徒さん作品

こんにちは、”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布ク
リエーターゆさあきこです。

久々に、手織り生徒さん作品を紹介します。



まずは、東京世田谷自由が丘の手織り生徒さんの作品。


Kさんのマフラーです。

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布ク
リエーターゆさあきこ・手織り生徒さん作品
このブログの裏話・エピソードを、"Design Studio GOODMOON・生活にゆとりとアートを"公式フェイスブックページにて紹介しています。

チェックの応用作品、という課題で織ったものです。



これ、ステキ でしょ。



大人のチェック、って感じ。


トラッド過ぎずに、品よく出来上がっていますよね。






そして次は、神奈川相模大野(東京町田)の手織り教室の、Aさんのシルクのストールです。

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布ク
リエーターゆさあきこ・手織り生徒さん作品


絡み織り・捩り織りで織っています。

織り始めたときには、布端だけに、この捩り織りをする、とおっしゃっていました、、、が、完成をみたら、全面ーーー!!


大作になっているじゃあないですか!?



織っていくうちに、楽しくなってきた、、、とのことです。




シルクはね、シャキって織りあがるので、織っていて気持ちがいいんですよね。





こちらは、バックに仕立てています。

Mさんの作品。

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布ク
リエーターゆさあきこ・手織り生徒さん作品


パイル織の応用作品として織った布でバックにしていらっしゃいます。



このモコモコしているところが、パイル織り。


棒針を使って、ヨコ糸をくるくると巻きつけながら、織り進めていきます。



裏側は、こんな感じ。

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布ク
リエーターゆさあきこ・手織り生徒さん作品


パイル織りはなし、になっています。

両面違うっていうのも、手作りの良さですよね。




こういうのって、市販のものでは、ありそうでないですからね。






最後は、神奈川藤沢の手織り教室の、Tさんのバック。

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布ク
リエーターゆさあきこ・手織り生徒さん作品


ステキでしょう~~。


品がありますよねぇ~。


このヨコ糸の黒い糸、始めは段染めだけだったんです。

でもそれでは、ちょっとTさんのイメージとは違う、、とのことで、私もアドバイスを差し上げて、黒1色の糸と段染めの糸を合わせて、ヨコ糸として入れて織りました。




苦労のかいがあって、イメージ通りに出来上がった、とおっっしゃっていました。




糸と向き合うって、とても大切だと思うんですよね。


イコール、自分と向き合う、ということにもなると思うんです。




な~んてね、ちょっとカッコイイこと、言っちゃいました、、、。





各場所の手織り教室、いつでも見学OKです。


見学希望のかたは、こちらにご連絡ください。














このブログの裏話・エピソードを、"Design Studio GOODMOON・生活にゆとりとアートを"公式フェイスブックページにて紹介しています。







ホームページ”Design Studio GOODMOON”
ご連絡などはこちらにご連絡ください。



オンラインショップ”Design Studio GOODMOON”では、オリジナルデザインによる、クロスステッチ・アルメニアンレースの各図案集、手織りテキストを販売しております。

料理ブログ”一週間で食材使い切りレシピ料理”はこちらから

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック