手織り生徒さん作品


おはようございます、”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布ク
リエーターゆさあきこです。


久々に、手織り教室の生徒さんたちの作品を紹介します。



まずは、神奈川藤沢の手織り教室の生徒さんの作品から、紹介します。


習われて、初めてご自分でデザインされたUさんの作品、マフラーです。

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布ク
リエーターゆさあきこ・手織り教室生徒作品
このブログの裏話・エピソードを、"Design Studio GOODMOON・生活にゆとりとアートを"公式フェイスブックページにて紹介しています。

綿ウールの糸で、チクチクしにくくて、柔らかい糸で織ってます。


この糸で、この色なら、春先も使えますよね。


ずーーとこの柄の繰り返しなので、出来上がりは、ゴージャス です。




次は、同じ神奈川藤沢の手織り教室の、Sさんの作品。

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布ク
リエーターゆさあきこ・手織り教室生徒作品


Sさんはもう、4年??ぐらい通ってくださっている方です。


綾織の応用作品です。


綾模様、ちょっと凹凸感がある感じで、織りあがっているでしょ。



Sさんはいつも、バックに仕立てられるのですが、今回はマット、、だそうです。





そして、神奈川相模大野(東京町田)の、手織り教室の生徒さん達の作品です。



Nさんの作品から、お見せします。

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布ク
リエーターゆさあきこ・手織り教室生徒作品


針金を、ヨコ糸に、一緒に織り込んでいます。


なので、織りあがってから、形が作れます。


このふたつ、タテ糸は同じで、ヨコ糸が違います。

それだけで、こんなに差がでてくるんですよ。



この違いが、手織りの面白さのひとつでもあります。





次はTaさんの作品。

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布ク
リエーターゆさあきこ・手織り教室生徒作品


自由作品として、織られて仕立てられた作品です。


バックの形、織り地のデザイン、糸、全部ご自分で考えていらっしゃいます。


もちろん、私もアドバイスしますけどね。


手織りを習われて、10ケ月ぐらいで、ここまでできるようになるんですよ。

スゴイ凄い。





最後は、ベテランさんのMさん。(ベテランさんって言われると、プレッシャーを感じて、イヤなんだそうですよ。

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布ク
リエーターゆさあきこ・手織り教室生徒作品


”シルクを織る”という課題で、織ったストールです。


ステキ でしょう~~。


捩り織りという技法を使って、透かしを作っています。





私の手織り教室は、おもに、東京世田谷自由が丘、神奈川相模大野(東京町田)、神奈川藤沢でやっています。場所地図



見学はいつでもできます。

こちらにご連絡のうえ、お越しください。












このブログの裏話・エピソードを、"Design Studio GOODMOON・生活にゆとりとアートを"公式フェイスブックページにて紹介しています。







ホームページ”Design Studio GOODMOON”
ご連絡などはこちらにご連絡ください。



オンラインショップ”Design Studio GOODMOON”では、オリジナルデザインによる、クロスステッチ・アルメニアンレースの各図案集、手織りテキストを販売しております。

料理ブログ”一週間で食材使い切りレシピ料理”はこちらから

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック