昨日の手織り教室の様子


こんにちは、”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布ク
リエーターゆさあきこです。


昨日は東京自由が丘で手織り教室がありました。




もう恒例になりつつある、教室の様子をお見せします。




まずは、一生懸命、タテ糸を張っていらっしゃるお二人ーーー。

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布ク
リエーターゆさあきこ・手織り教室様子


奥にいらっしゃるKatさんは、浮き織りというサンプルをするために、タテ糸を張っているところです。


浮き織りといおう名前は、正式な手織り・織物の名称ではありません。

手芸の手織り(という表現があっているか、わかりませんが、、)で、よく使われている呼び方です。



たぶんヨコ糸が飛んでいて、浮いているから、こういう風に呼ばれるんだと思います。



向かって右手前に、クロっぽいサンプルが見えているのですが、お分かりになりますか?


これを作ります。




このサンプルのあとに、この技法使って、タペストリーを作ります。






左側には、ビーズを入れて織る小物入れのための、タテ糸を張っていらっしゃるIさんがいらっしゃいます。



ビーズはヨコ糸に入れて、模様にして織っていく、という課題です。

本当のvビーズ織り、ということも、もう少し(もうだいぶ、、)経ったら、課題にあります。




携帯・スマホ用の入れ物にします。


Iさん、もうビーズはだいぶ前に購入済みーーー。



次回は、織るところからできそうです。






で、反対側では、糸きめをされています。

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布ク
リエーターゆさあきこ・手織り教室様子
このブログの裏話・エピソードを、"Design Studio GOODMOON・生活にゆとりとアートを"公式フェイスブックページにて紹介しています。

おひとり、Hさん(向かって右)は、注文された糸の入荷が遅れてしまい、その次の糸決めを先にしていただいています。



左側には、Aさんです。




おふたりとも、進度がほぼ同じ。

ななこ織りの応用で、ストールを織る予定です。




少し幅広の、ストールで、細い糸で織る、ってことになりそうです。





Aさん、ホントは、4月8日のブログでお見せした糸で、井形模様のマットを完成させているーーー。


のですが、糸が足りなくて、、、、ある糸で織って、、、。



完成作品、拝見したのですが、ちょっとだけ で、そんなにおかしくはないのですが、、、。


写真撮影は、、、、ということで、お見せできません、、、。残念ーーー。





長く続けていると、気持ちが の時もありますよねぇ。



そんな中でも、楽しく織っていただけるように、していかないとーーーー、って私は昨日、深く反省ーーーーしました。












このブログの裏話・エピソードを、"Design Studio GOODMOON・生活にゆとりとアートを"公式フェイスブックページにて紹介しています。







ホームページ”Design Studio GOODMOON”
ご連絡などはこちらにご連絡ください。



オンラインショップ”Design Studio GOODMOON”では、オリジナルデザインによる、クロスステッチ・アルメニアンレースの各図案集、手織りテキストを販売しております。

料理ブログ”一週間で食材使い切りレシピ料理”はこちらから 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック