手織り生徒さん作品


おはようございます、”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布ク
リエーターゆさあきこです。


久々に、手織り教室の生徒さんの作品を紹介します。


まずは東京自由ヶ丘の手織り教室の、生徒さん、Hさんの作品から。


レース織り、という技法を使った作品です。

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布ク
リエーターゆさあきこ・手織り生徒作品
このブログの裏話・エピソードを、"Design Studio GOODMOON・生活にゆとりとアートを"公式フェイスブックページにて紹介しています。

このボコボコした凹凸感、この隙間があることによって、透け感がでてくるんです。


ちょっと難しい技法です。



始め皆さん、難しくて、ギャーギャー言います。


”できなーーーい”と言って、騒ぎ立てます、、、ホントよ。



けど、私は負けないーーーー。



だって、繰り返してやっていくうちに、ゼッタイに皆さんできるんだもん。





ということで、Hさんも四苦八苦の末、完成させました。


分かりづらいですが、このボコボコしているところ、ちょっとだけ光った糸が入っているんです。


それがとってもステキ。





次は、同じ東京自由ヶ丘の手織り教室、Katuさんの作品。

”生活にゆとりとアートを・Design Studio GOODMOON”・布ク
リエーターゆさあきこ・手織り生徒作品


自由作品という課題で織った作品です。


実はこれ、2作品目。

1作品目は、な、なんと、タテ糸の必要な長さを短くしてしまい、、、、。



Katuさん、かなりの慌て者ーーー。


で、2作品目を作った、ってワケなんです。



シンプルなデザインですが、ステキですよね。



買った帽子とお揃いっぽく、マフラーが欲しかったそうです。





この東京自由ヶ丘の手織り教室では、4月から第4火曜日、4月22日12時~”裂き織り教室”を開くことにしました。場所地図


その説明会が、今月3月25日(火)13時~あります。


裂き織は裂いたり切ったりした布を、ヨコ糸として入れて織っていくものです。




布がたくさんある方、裂き織をやってみたい方、などなど、是非説明会にお越しください。(詳しい内容は3月18日のブログでも紹介しています。)



ご連絡お待ちしておりまーーす。













このブログの裏話・エピソードを、"Design Studio GOODMOON・生活にゆとりとアートを"公式フェイスブックページにて紹介しています。







ホームページ”Design Studio GOODMOON”
ご連絡などはこちらにご連絡ください。




料理ブログ”一週間で食材使い切りレシピ料理”はこちらから

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック