ロウ引きされた糸で織ったバック・手織り生徒さん作品

おはようございます、布クリエーターゆさあきこです。


”手織り”というと、専用の糸を使わないといけない気がしませんか?





綿の糸にロウ引きしている糸を使って、織ってバックを作っています。


私は教えている手織り教室では、わりとなんでもあり?って、感じで手織りを楽しんでもらっています。





そのロウ引きした糸で織って作ったバックをお見せします。


神奈川の藤沢の手織り教室のKさんの作品です。

布クリエーターゆさあきこ・手織りのバック


一見、手織りで作ったようには見えないでしょ。





アップで。

布クリエーターゆさあきこ・手織りのバック


別糸のところは、パイル織りというやり方で、模様をいれています。
これは余り糸を使っています。


三つ編みをしたり、ウッドビーズを入れたりして、工夫していらっしゃいます。





このロウ引き糸を使ったバック、織って作るのに、けっこう生徒さんたち悪戦苦闘されます。


ロウ引きなので、扱いが普通の糸と違いますからね。


でも完成すると、手織りで作ったようには見えない、ステキなバックになるんですよ。


いろんな糸を使うと、手織りの幅も広がるんですよね。








ゆさあきこの”手織り教室”が、東京自由が丘で始まっています。

受講される生徒さんを募集しています。


ひとりひとりの個性を大事にした、作品作りができる、手織り教室を目指しています。

教室の見学はいつでもOK!!です。(場所地図)

ご連絡 Mail の上、是非是非、いらしゃってみてください。

教室は、毎月第2・4火、10時~12時、場所は東京自由が丘(場所地図)
です。




どんなものを作るか知りたい方は、ブログ「糸から作る自分布」をご覧ください。

詳しくはHPDesign Studio GOODMOONを見てください。

お申し込み・お問い合わせは Mail までご連絡ください。


アルメニアンレースの教室も始まっています。
チケット制です。毎月第2・4火曜日12時からです。
5枚(一枚で一講習受講できる)つづり6000円です。
半年間が有効期限。

こちらも見学OKです、Mail までご連絡ください、お待ちしています。




HP"Design Studio GOODMOON"へはこちらから
オンラインShop"Design Studio GOODMOON"へはこちらから
料理ブログ”一週間で食材使い切りレシピ料理”はこちらから


(C)2006-2010 Design Studio GOODMOON All rights reserved

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック