お母さまの形見の着物で裂き織・生徒さん作品

おはようございます、布クリエーターゆさあきこです。


おととい、横須賀で手織り教室がありました。


そこの生徒さん、Koさんのお母さまは、去年お亡くなりになりました。
そのお母さまの形見の着物で、裂き織をしていらっしゃいます。


これが織りあがった作品です。
布クリエーターゆさあきこ・生徒作品

影のように見えるのは、芯地です。
バックにしたい、ということでしたので、芯地を貼りました。


でも、この布、一見、”裂き織???”って思いますよね。

実は、裂いた着物を、スピンドルで、撚っています。


糸撚りも、教室でやったんですけど、その様子を撮影するの、忘れてしまってたので、紹介できなかったんですよね。


はじめ、撚りをかけるのに、かなりてこずっていらっしゃいましたが、がんばって、着物半分ほど、糸にされたようです。


その撚った糸を、ヨコ糸として使っているので、一見すると、裂き織には見えないんです。


アップで
布クリエーターゆさあきこ・生徒作品

アップにしても、わからないでしょ。
でも、ちゃんと撚って作った糸です。


もちろん、デザインもオリジナル、アドバイスしながら、ご自分でされています。


こんなふうに、思い出の着物を、新しく生まれ変わらせることができるなんて、ステキです。
この布、バックに仕上がったら、また、紹介しますね。




9月から私の”手織り教室”が始まります。

受講される生徒さんを募集しています。

説明会が8月29日(土)11時からあります。(場所地図)

教室は、毎月第2・4火、10時~12時、場所は東京自由が丘(場所地図)
です。


どんなものを作るか知りたい方は、ブログ「糸から作る自分布」をご覧ください。

詳しくはHPDesign Studio GOODMOONを見てください。

お申し込み・お問い合わせは Mail までご連絡ください。






HP"Design Studio GOODMOON"へはこちらから
オンラインShop"Design Studio GOODMOON"へはこちらから
料理ブログ”一週間で食材使い切りレシピ料理”はこちらから

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック