正月飾りの結びをよーく見ると、”結び”のテクニックが使われています

おはようございます、布クリエーターゆさあきこです。
年が明けて1週間が過ぎました、早っ!


正月飾りももう終わりです。

その正月飾りには”結び”のテクニックが使われています。

この正月飾りの”結び”を今日はよーく見てみたいと思います。

うちの正月飾りはこんな感じでした。
布クリエーターゆさあきこ・結び

だいたい鶴がいて、結びのテクニックで作られていると思います。

こういうのを”水引”というのでしょうか?

”水引”と”結び”はどう違うのでしょう?ちょっと調べてみますね、後日わかったらお知らせします。

で、この結びの部分のアップ
布クリエーターゆさあきこ・結び

この鶴の胴体になっている結び方は、たぶん”亀結び”という名前がついているものです。

鶴と亀を表現してるんでしょうねぇ。

そしてこの”亀結び”をめくると
布クリエーターゆさあきこ・結び

ここにも”結び”があります。

アップで
布クリエーターゆさあきこ・結び

この結び方は調べてみたのですが、ちょっと名前はわからなかったです。

でも、グルッっと回っているだけなので、難しい結び方ではないようです。

首と羽の部分、胴と尾がつながったもの、このふたつををひとつにまとめています。

いやぁ~、手がこんでますねぇ。機械でできませんよねぇ、これは。

ということで、今日は正月飾りを分解して構成を解説してみました。

後日、結び方を詳しく説明しますね。



HP"Design Studio GOODMOON"へはこちらから
オンラインShop"Design Studio GOODMOON"へはこちらから

(C)2006-2007 Design Studio GOODMOON All rights reserved

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 正月飾りの結びの解説1

    Excerpt: こんにちは、布クリエーターゆさあきこです。 年があけてもう2週間が経ってしまいました、本当に早いですね時間が経つのは。。。。。 Weblog: 「糸から作る自分布」布クリエーターゆさあきこ racked: 2008-01-14 11:10