撚った糸で小さなタペストリー

おはようございます、布クリエーターゆさあきこです。
8/26の記事で余った糸や古い布を裂いて撚ったものを、さらに紐にした過程をご紹介しました。

今日はそれでちいさなタペストリーを作ったのでお見せします。

木枠を使っています。
布クリエーターゆさあきこ・作品

横が25cm幅ぐらいのものです。

組紐については8/31の記事に歴史など書きました。

HP"Design Studio GOODMOON"のブログ「今、東京で」東京のShopでみつけた組紐をトピックとして紹介しています。


この木枠はたびたびこのブログでも紹介しています。
木枠の作り方は'06,12/18の記事をご覧になってみtください。

木枠に経糸(たて)を張ります。
布クリエーターゆさあきこ・作品

今回はラメが入った糸を使ってみました。
ところどころランダムにして張ると、アクセントになるかと思います。

タペストリーのアップです。
布クリエーターゆさあきこ・作品

組紐は意外と時間がかかります。
慣れないせいもあってか、この1本を作るだけで(実際はこの倍ぐらいの長さをつくりました)3時間はかかってます。

テレビを見ながらやったせいもあるかもしれませんけど。

始めのうちは糸の組み方がわからなくなるので、紐を作ることに集中したほうがいいかもしれません。

こんなふうに、ちょっと残った糸を使ってまた新しい糸にしてみるのもおもしろいですよ。

ちなみにこのタペストリーはトイレに飾っています。(笑)


(C)2006-2007 Design Studio GOODMOON All rights reserved


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック