織って編んで結んで組んで

おはようございます、布クリエーターゆさあきこです。
このブログのタイトル「糸から作る自分布・織って編んで結んで組んで」についてちょっと説明しようと思います。

プロフィールにありますように私はアパレルのデザイナーをしていました。(もうかなり前のことになってしまいましたけど)

そのころから、”布”には興味をもっていました。

デザイナーを辞めたあとに勤めた女子大で手織りの講座の助手をしました。

それが織物、手織りとの出会いです。

その後女子大も辞め手織りの学校に通いました。

手織りの作品を制作しているうちにだんだんと織機を使わないで布を作る、ということに興味が湧いてきたのです。

手織りは経糸(たて)と緯糸(よこ)が交互に上と下になりながら面を作ってゆきます。

織機がなくても平面でも糸を交互に交差させることはできます。

そう思うと昔むかしは、織機がなかったのではないか。
始めは組んだり結んだりということが始まりのような気がしたのです。

これが組紐
布クリエーターゆさあきこ・作品


三つ編み
布クリエーターゆさあきこ・作品


これがマクラメです
布クリエーターゆさあきこ・作品


これが編み物
布クリエーターゆさあきこ・作品

こうやって糸を手でいじっているうちに平面になったり袋ものになったりしたんじゃないでしょうか。('06,1/20の記事

実際に織機を使わないで布にしてゆくことを”オフルーム・Off Loom”と言います。
(Loomは英語で織機のこと。オフ、つまり織機なしって意味ですね)

他にも調べていくと、レース編、タティングレースやボビンレースもなんだかマクラメの近い感じさえしています。

こうやって布を作るための手段が手織りから大きくひろがってゆき、ブログのタイトルにまでなったのです。(笑い)

まだまだオフルームの技法を含めて未熟ではありますが、布クリエーターとして学んでいることをみなさんにお伝えできれば、と思っています。

8/15にビーズ織りの新作デザインの図案オンラインShop"Design Studio GOODMOON"で販売されます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック