生徒さんの藍染め作品

今月教室で藍の生葉染めをやったときの、生徒の方たちの作品をご紹介。

わたしのHP「Design Studio GOODMOON」へはこちらからどーぞ

シルクオーガンジーのスカーフを染めました。

しぼり染めをしてみました。Nさんの作品
布クリエーターゆさあきこ・生徒作品

写真より実際はもうちょっとくすんでる感じの色かなぁ。


Tの作品
布クリエーターゆさあきこ・生徒作品

ちょっとしぼりがあまくてあまりうまく模様がでませんでした。色はこちらの方のほうがエメラルドグリンになってます。


Yさんの作品
布クリエーターゆさあきこ・生徒作品

 別糸で裾の部分にステッチしてから染めました。


Nさんの作品
布クリエーターゆさあきこ・生徒作品

 なかなかステキでしょ。シルクとウール以外は染まらないのでそのままの感じで残ります。


 実際の色はみなさんそれぞれ微妙に違っていて、ムラの感じも違います。
 生の葉っぱだとみなさんがご存知の”藍染”と違って、きれいな色になります。

 これは同じ生の葉を熱湯+ミョウバンをプラスして密閉して数日間放置したもの
布クリエーターゆさあきこ・染め

 わざとムラ染めにしてあります

 アップで
布クリエーターゆさあきこ・染め

 黄色いヘベージュにところどころピンクがかった色がでています。


 こちらの方も同じようにミョウバンでやってみました
布クリエーターゆさあきこ・染め

 すごくきれいなきみどりです。

 アップで
布クリエーターゆさあきこ・染め

 ところどころちょっとだけ青みがかった色が出ています。


 この染め方は葉(茎も入れてOK、染めるものと同量か多目)と染めるものをタッパなどに入れ、熱湯(布がひたひたになるように)+ミョウバン(水の3%)を入れ蓋をして日のあたるところで、醗酵をうながすことによって染まります。(決して蓋はあけてはいけません!)

先月後半から東京はちょっと曇りがちだったので、あまり醗酵がすすまず、色が思ったより変化しないようでした。

去年わたしがこの方法でやったときはかなり醗酵が早く、どんどん色が変化してゆきました。

種をお持ちの方、藍がまわりにあるかたはぜひ来年おためしくださいませ。
紺色ではない、きれいな色になりますよ。
わたしのHP「Design Studio GOODMOON」へはこちらからどーぞ









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック