藍の生葉染め・実践!

以前”アイの生葉染め”をするために実際に育てるとことを紹介しましたが、今日は実際に染めてみます。

わたしのHP「Design Studio GOODMOON」へはこちらからどーぞ

まず第一に大切なのは日差しが良い日が2、3日続いた日の朝に採るのがBEST!です。

なるべく葉っぱを中心に、多少上の柔らかい茎の部分は入ってもかまいません。

準備するもの。
  タッパ(または洗面器やなべ)、布または糸 藍の葉(染めるものと同量、それ以上であれば
  濃くなる) 水(葉の重さの20~50倍、葉が100gなら5ℓが理想) 不織布のごみ袋 輪ゴム
  ゴム手袋 はさみ

 はじめに染めるものを30分以上前に水に浸しておきます
布クリエーターゆさあきこ・染め

 
 葉っぱを採取します
布クリエーターゆさあきこ・染め

 水洗いします

 このようになるべく上のほうを採ります
布クリエーターゆさあきこ・染め


 はさみで5mmほどに切ります
布クリエーターゆさあきこ・染め

 1cmにはなるべくならないほうが、あとあとよいです

 こんな感じ
布クリエーターゆさあきこ・染め

 
 ごみ袋にいれます。葉の量が多いときは2枚重ねにします
布クリエーターゆさあきこ・染め

 くちを結ぶか輪ゴムでとじます。水を葉が浸るより少し少なめに入れ、よくもみます。
 ”手もみ”という感じでひたすらもんでください。

 だんだんとドロッっとしてきます。葉がヨタヨタになるまでもんでください! 
布クリエーターゆさあきこ・染め

 この写真ではわかりにくいですが、少しとろみがあります。感じとしては片栗粉が少なかった料理ぐらい。

 残りの水をいれ、染めるものを軽くしぼっていれます
布クリエーターゆさあきこ・染め

 
 そのまま放置。ときどきムラにならないようにひっくり返します
 染まってくるとこんな色、エメラルドグリンになります
布クリエーターゆさあきこ・染め


約1時間ほどひたし(長くても2~3時間)洗わずにしぼって陰干しし、半渇きの状態ですすぎます

半乾きで少し青くなり、すすぐとまた色が変わります
絞ってから(ものによってはネットに入れて脱水)陰干ししてできあがり!

注意点としては
 1.天気の良い日のあとに採取。そうしないと染めたときに草っぽいきみどり色になるみたいです!
 2.茎をなるべく入れない。これもいれすぎるとエメグリになりません。
 3.ミキサーを使うとあまりトロミがでないようです。なのでたいへんかもしれませんががんばって”手もみ”してください。(笑)
 4.あまり長時間漬けておかない。
 5.必ず半乾きにしてからすすぎます。乾きすぎに注意!

アイの葉が近くにあるかたは(ムリかしら)ぜひお試しくだいませ。

8月のはじめによみうり文化センターの方が生葉染めに挑戦しました

次回はその完成作品をご紹介しますね!
わたしのHP「Design Studio GOODMOON」へはこちらからどーぞ















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック